Fundamentals of
Housing
Hotel
Restaurant
Building
Our Life
We are

MHY

Case No. 001

Skeleton
無印良品の家 陽の家 View
Infill
-
Info
Tsukahara,Yufu, Dec.2020

庭とのつながりを楽しむ平屋

正面に雄大な由布岳を望む自然豊かな環境に位置しており、庭とつながるという「陽の家」の商品コンセプトを最大限生かすことのできるロケーション。家族3名の住まいを想定し、間仕切り戸によって将来のライフスタイルの変化にも対応できる可変性を持たせた提案を加えました。

Skeleton Looks

自然の風合いと質感。


国産の杉材を使用した木製サイディングは、木材ならではの温かみが感じられ、その経年変化を楽しむことができます。また、オプションで継ぎ目のないオリジナル塗り壁調仕上げもホワイトとグレーの 2 色からお選びいただけます。どちらの外壁にしても、足場がいらない平屋なら、ご自身で定期的にメンテナンスすることができます。

Infill Looks

外形がそのまま室内に

ゆったりと確保した「陽の家」のリビングは、屋根の外形がそのまま現れた勾配天井となっており、開放的な空間を演出しています。南側サッシは障子を引き込める全開口タイプで、室内とウッドデッキの間は段差がなく、スムーズに行き来が出来ます。

無印良品の家 陽の家

誰かが決めた“よい家”ではなく、自分にとっての“よい暮らし”とは何か?をコンセプトに無印良品が手がける住宅デザイン・無印良品の家。「陽の家」では、窓を完全に壁の中に収納できる全開口サッシを採用。室内から見れば、庭の風景を切り取るピクチャーウインドウですが、室内と庭をつなげることで、開口部周辺は内とも外とも言えない特大の縁側のような場所にもなっています。大きな窓の自在な開閉が、庭をより身近に感じさせ、庭の使い方も広がることでしょう。

Blueprint

陽の家
間口7.5間×奥行4.75間 (13.65m×8.645m)
本体工事価格
2,529万円 (税抜2,299万円)
延床面積
97.3m²(29.43坪)
建築面積
118.00m²(35.69坪)
工事面積
118.00m²(35.69坪)
外皮平均熱貫流率 (UA値)
0.37W/m²K
冷房期の平均日射熱 取得率(ηAC値)
1.1
暖房期の平均日射熱 取得率(ηAH値)
1.1
相当隙間面積(C値) (UA値)
0.8cm²/m²