Fundamentals of
Housing
Hotel
Restaurant
Building
Our Life
We are

ECO

Case No. 001

Skeleton
FDM Eco View
Infill
Info
Kamimunakata,Oita, Mar.2020

自然を味方にする家づくり

この住宅は、真南に道路があり、奥に長い敷地形状をしています。全面道路から多少高い配置が可能なため、南面に大きな集熱窓を設けています。これにより冬は暖かい陽射しを、夏には涼しい風を住まいに取り込むことで、自然のエネルギーを最大に活用するパッシブデザインの考え方が十二分に取り入れられています。窓を調整することで、夏は強い日差しの影で家の中を吹き抜ける心地よい風を味方にする。冬は冷たい外気を遮断しつつ家の中まで太陽の温もりをしっかり取り込む設計を行いました。

私も、自然も美しく

世界基準の木質断熱材を使用するEcoプロジェクトの住宅は環境に優しく室内環境に優れた暮らしを実現します。木質断熱材を使用することで、化学系では不可能な建築のライフサイクルを通じての省エネルギー・省資源・リサイクル・有害物質の排出抑制を図り、周辺環境と調和した、省エネルギーかつ長寿命である家づくりを進め、地球環境に貢献します。また、将来にわたって持続できるメンテナンス性の高い外壁材を使用しています。
また、当然の様に許容応力度計算による最高性能の耐震、耐風性を有し、世代を超えて住み継がれるために、「ロングライフ」の家づくりを実現しました。

Skeleton Looks

長く住まえることが、環境にやさしい

どんなに素晴らしい性能を持つ断熱材であっても、住む人の健康に害を及ぼしたり、将来取り壊す時に環境破壊につながる素材は使用してはなりません。「使うべきもの」、「使ってはならないもの」を定め、環境と未来に生きる子供たちのために、負担を残さない木質系断熱材を使用しています。断熱材の上に直接左官仕上げを行うこの工法は、将来にわたっても部分メンテナンスが可能で、クラックに対しても高い耐久性と保証を合わせ持ちます。

Infill Looks

いつも家族の気配を感じられるリビング

大きな吹き抜けが特徴のこの住宅は、吹き抜けと2Fのフリースペースが繋がることで、ちょうど良い距離間で家族の気配を感じることができます。R壁はまたデザイン性とともに、冬の日差しをダイニングまで届ける工夫の一つとして採用しています。インテリアのトーンは自然素材のナチュラルなトーンでまとめています。質感の高い土の塗壁をキッチン・ダイニングの天井からR壁まで塗って仕上げ、木質断熱材の調湿・消臭効果を活かした、家全体で呼吸をする住宅です。

FDM Eco

木は、地球にふりそそぐ光と雨により、再生循環する「唯一の資源」。化学系ではない、再生循環する資源天然木をまとう 木の家をつくること、そして木の家に住むことは、 後世に美しい環境を手渡すことに繋がります。環境先進国であるドイツの環境意識を手本に、住まう時の安全性と未来での廃棄時の安全性を考慮した脱プラ・脱化学材の家づくりに取り組むこのプロジェクトは私たちのプロジェクトの中で最も高い環境性能と世界基準の温熱性能を合わせ持つ家です。

Blueprint

Online Room Tour

所在地
大分県大分市大字上宗方980−45付近
建築面積
73.31m2(22.18坪)
延床面積
120.96m2(36.60坪)
敷地面積
180.14m2(54.49坪)
1階
62.10m2(18.78坪)
2階
58.86m2(17.81坪)
建ぺい率
50%
容積率
100%
階数
2階
想定家族構成
夫婦+子供2人
構造
ツーバイシックス工法
耐震等級
3(最高等級)
耐風等級
2(最高等級)
温熱等級
4(最高等級)
温熱地域区分
6地域
年間日射量地域区分
4地域
用途地域
第一種低層住居専用地域
防火地域
指定無し
換気
ダクトレス全熱交換式第一種換気システム 熱交換率90%
給湯
電気ヒートポンプ給湯器(Co2冷媒) 年間給湯保温効率3.3%(JIS)
照明
すべての機器においてLEDを使用
一次エネルギー消費量
500.81 MJ/(m2・年)
Q値(熱の逃げにくさ)
1.53 W/m2K
UA値(熱の逃げやすさ)
0.44 W/m2K
C値(すき間の面積)
0.60 cm2/m2
ηAH値(冬の日射熱取得量)
2.5
ηAC値(夏の日射熱取得量)
0.8