Fundamentals of
Housing
Hotel
Restaurant
Building
Our Life
We are

Feature

リノベーションの特徴

今とこれから変化していく暮らしを考えて、資産価値も視野に入れたリノベーションをワントップで行います。ライフステージの変化によって暮らし方も変わるもの。その時に、暮らしに合わせて変えられる、もしくは住み替えられる家をご提案します。FDMが物件探し、設計施工、資金計画のサポートの窓口が一つとなり、お客様が家づくりに集中できる状態で、共に家づくりをしていきます。

資産価値も視野に入れた
リノベーション

現在の生活に合うようなリノベーションもちろん、移動間仕切りや、移動収納を間取りにプラスすることで、間取りに可変性を持たせます。そうすることで、長期的な家族構成の変化や、短期的な来客などにも対応できます(フレキシブルなプラン)。また、物件の特徴を捉え自然エネルギーを最大限に活用し(パッシブデザイン)、見えない部分の配管まで全て新しくすることで(スケルトンリノベ)、中古マンションでも長く安心して暮らせることを目指します。それらは、もし手放すことになった時も、次の住まい手のライフスタイルに適応するための費用負担の軽減になり、物件としての負荷化価値を高めることに繋がります。

1LDK

01 より心地よく機能的にスケルトンからフルリノベ

光と風のパッシブデザインとオーダー家具が心地よさに寄り添う住空間

2LDK

02 混み入ったエントランスをマルチスペースへ再編集

書斎やゲストをもてなすマルチスペースからリニアにつながるライフスペース

3LDK

03 伝統的日本家屋をアップデートする

トラディショナルな日本家屋の佇まいを継承しつつ、毎日の生活に愉しみ与える

ワンストップでサポート

住まい手のライフスタイルに合わせたリノベ向きな物件をご紹介し、リノベーションに関わる全工程をワンストップでお手伝いいたします。デザイナー・不動産アドバイザー・コーディネーター・施工スタッフが一つのチームとなってプランニングから、アフターサービスまで責任を持ってご担当します。物件探し、設計施工、資金計画のサポートの窓口が一つになることにより施主の負担が軽減でき、住まいについて考えることに集中していただけます。

不動産会社
物件概要調査
物件探しとご紹介
不動産売買契約
仲介と決済業務非公開
銀行
借入のご相談
資金計画のご相談
住宅ローンの申し込みと審査
リノベーション会社
リノベーションのご相談
予算・資金計画
工事の打ち合わせと手続き
周辺住民への挨拶

FDM Renovation

物件がそれぞれ違うように、暮らしやすさや住まいに対する向き合い方も人それぞれ。今とこれから変化していく暮らしを考えたリノベーションをご提案します。

その家が本当にいいかは、実際に暮らしてみなければ分からないもの。FDMでは、随時オープンルームを開催するなど、実際の暮らしを体感していただける機会を設けています。その他、住宅以外の弊社が手掛けたホテルやレストランなどございますので、FDMのつくる建物の魅力を知っていただくことも可能です。これからつくるあなたの家をイメージしてみてください。

FDMの標準工事費用は基本仕様から床面積によって算出する「床面積プライス」を採用。床面積をベースとするため、シンプルで明快なコストをご提示できる料金システムとなっています。もちろん、いろいろなオプションを追加することも可能です。標準工事には、基本的な水廻りなどの設備、断熱、仕上げも入っています。リノベにかかる予算の概算を最初にご提示いたします。

プランの例

スタンダードプラン

70m²マンションのリノベーション(1m² = ¥120,000〜)

色々なオプションが追加可能

オプション

  • オーダーキッチンへ変更 (+¥500,000)
  • オーダー家具の追加(+¥300,000)

予算の概算を最初にご提示

プライス

リノベにかかる予算の概算(+¥9,200,000)


コストの詳細についてはこちらからお問い合わせください。

弊社導入システムANDPADで見えない下地等の工事写真も随時更新、お客様からも確認できます。「アフターメンテナンスなどの依頼をスマホから行いたい」そんな希望にもお答えします。

建物のお引き渡し後、半年、1年、2年、5年と専任のカスタマースタッフが定期的にご訪問。大切な住まいをしっかりとチェックいたします。設備機器の点検の他、急な不具合があった場合にも対応いたします。些細なことからお気軽にご相談ください。

With the Earth

できるだけ機械設備に頼らず、太陽、風といった自然エネルギーをそのまま使って快適で省エネな住まいづくりをします。1年を通じて小さなエネルギーで心地よく暮らせる家づくりの方法をお伝えします。お住まいのエリアや各プロジェクトごとにコストパフォーマンスを最大化できるように仕様の組み合わせを行います。

弊社の戸建住宅では、住宅先進国のドイツやカナダ、アメリカなどは最低でも、改正省エネ基準の東北・北海道レベルの家づくりをしています。それは、CO2排出量を少なくするために断熱性が高い家づくりを行うことを政府が推奨してること、人々も断熱性能を上げれば、省エネルギーで暮らせることを知っているからです。リノベーションについてもこれらのノウハウを最大限に活かした断熱のご提案をさせていただきます。

気密性が高まることで、換気・断熱の効果が高まります。有害なものを室内に入れず、計画的な換気を可能にするには気密性能が重要になります。屋外に存在する花粉や騒音、排気ガスなど有害なものは住宅の隙間から室内に侵入してきます。快適性を脅かす不要な物質の侵入を防ぐためには、住宅の隙間をなくすこと。つまり気密性を高めることが大切です。その結果、計画的な換気を行うことができ、新鮮で綺麗な空気環境を保つこと、省エネルギーで部屋の温度を快適にすることができます。

春や秋の気候のよい時期は、なるべく空調など利用せずに自然の風で暮らしたいと思いませんか?実は通風の計画には完璧はありません。ただ、できるだけそれに近づく様に工夫を凝らしながら考えています。風の温度の低いところから高いところへ吹いていく性質(重力換気)を利用したり、一部屋には2箇所窓を付けるルールを設けたり。また、地域の風の特性も考慮しながら、窓の位置や形を考えたりします。当然、プライバシーや風景、そして構造まで考慮しながら検討を行います。

For Your Health

一生に一度の家づくりの中で、大事にしたいのは健康で暮らせること。暖かく、免疫力の高まる家。FDMではあなたの健康な暮らしを第一に考えた家をご提案します。

日本では、風呂と洗面所の温度差によるヒートショックがよくテレビ等で取り上げられますが、実際には就寝時の寝室の温度、そして居室からトイレへの温度差による事故が最も多いのです。歳を取ると日本の家は冬、寝ているだけでも危険なのです。では夏はどうでしょうか?毎年恒例になっている夏の異常気象は、家の中での熱中症を加速させています。パッシブデザインを深く理解して設計することで、冬の室温を上昇させ夏の室温の上昇を抑えることができます。家中の温度差の小さい住まいは、人にとって健康な住まいとなるのです。

人間・動植物・微生物と共生する、自然界の営みを手本に最先端技術で開発したFFCテクノロジーを活用。現代の木材は酸性雨や大気汚染の影響を受け、木材そのものの機能が低下し、健康な素材とは言い切れなくなっています。また建材・クロスをはじめ漆喰や珪藻土なども、化学薬品を使用して商品化されています。そのような化学物質にFFCテクノロジーの技術を活用することで、化学物質の害を最小限に抑えています。

断熱性・気密性の高さによって室温が安定するため、結露ができにくく、湿気が入りにくい構造になっています。さらに、含水率19%以下の日本農林規格に基づく乾燥材や、通気性・調湿性のある素材を使用することで湿気を防ぎ、カビやダニ、菌、ウィルスの発生・増殖を抑制します。

Material & Equipment

新築の匂いのない、おいしい空気の吸える家

FFCテクノロジーとは、住宅で使用する木材・建材・クロス等の素材に含まれる水分(結合水)に水溶性の2種類の鉄(Fe2・Fe3)ミネラルを含浸させる技術です。化学物質にFFCテクノロジーの技術を活用することで、化学物質の害を最小限に抑える事ができるようになりました。私たちは、この技術を住宅に導入しています。

F☆☆☆☆等級に該当する低ホルムアルデヒド

シックハウス症候群の原因となる「ホルムアルデヒド」。全ての住まいにF☆☆☆☆等級に該当する建材を使用し、低ホルムアルデヒドの住まいを実現しています。また、高い気密性能により計画換気を効率よく行えます。窓を開けて換気をすることが難しい場合でも安心です。

有機化合物やウィルスなどを分解・除去する「可視光型光触媒」

菌・カビ・ウィルス・VOC(シックハウスの原因物質)は床に蓄積し、小さな子供やペットに大きな影響を与えます。室内の照明が当たるだけで、不快物質や不安物質を水や炭酸ガスに分解・除去する「可視光型光触媒」を、フローリング材に採用。インフルエンザウィルス、ノロウィルスにも効果を発揮。安心・安全・健康な快適生活を床から支えます。

自然由来の壁材でデザイン

通気性・透湿性が高い壁材を使用し、結露やカビの発生を抑えます。透湿系建材と組み合わせることで、建材の性能をより引き出すだけでなく、壁材が湿度の緩衝帯となって、室内の湿度環境の安定が図れます。

毎日手の触れるドアだから全て天然素材に

シート貼りのドアと、天然素材のドアをラインナップしています。毎日手の触れる部分だから拘りたい、既製品にないデザインにしたい、という思いに応えるためにオリジナルの天然素材ドアをご提案しています。江戸時代から木工業が盛んな町、福岡県大川市の天然木の突き板を用いた天然素材のドアは、上質な質感と手触りで、住まいの質感を高めます。

Renovation Process

FDMのリノベーションは、新築住宅の家づくりと同様に、ご相談から、竣工後のアフターサポートまで、お客様の家づくりを一緒に行っています。お客様担当を中心に、設計、インテリアコーディネーター、施工の各専門スタッフが連携することで、チーム一丸となってお客様の理想の住まいを実現します。

リノベーションで実現したい暮らしはどのようなものか、予算はどのくらいなのか、どこの住宅会社と一緒につくっていくのか。FDM以外も含めて、広くご検討ください。

随時オープンルームを開催するなどFDMのリノベーションを体感していただける機会を設けています。併せて、弊社の戸建て事業のモデルハウスやホテル、レストラン事業の施設を見学いただくことで、FDMのつくる家を体感いただけます。

住みたいエリアと、予算、暮らし方をまずは個別相談。コーディネーターと不動産専門アドバイザーが、住みたい暮らしをヒアリングし、概算の費用をお出しします。

予算とリノベーションの内容に合ったマンションをお探しします。立地・価格・広さ・建物の古さなど。まずは優先順位をつけましょう。見た目の印象に惑わされずに、希望の条件を整理。お部屋の古さや設備の古さはリノベーションで、見違えるほど生まれ変わります。

ご要望、ご予算に合わせてリノベプランをご提案。デザインやレイアウトまでトータルにご提案いたします。すでに理想のプランがある方も、間取りや設備、使う素材をお選びいただけます。

住宅ローンをご利用の場合、金融機関に内容を相談し、審査いたします。有利な資金計画をご提案いたします。

物件のお申し込みと、物件購入+リノベーションの概算費用のローンを組みます。ここがいいと思ったらすぐに申し込むのがベスト。リフォーム前の物件はすぐに再販業者に渡ってしまうのがリノベ業界の現状です。ご希望の物件が決まったら、リノベ費用+諸経費をそれぞれ概算でご提案しローンの申請手続きも同時に行います。

プラン・着工日・金額などを決定。建築請負契約書をもってご契約となります。また、物件を購入するための売買契約を行います。

設備機器や、間取りや配置のご要望を設計士・インテリアコーディネーターがヒアリングいたします。伺った内容でコーディネート案をご提案いたします。

管理組合への申請、住宅ローン申し込みなど、各種申請業務を行います。また、インフィルの仕様打合せ後に、その内容に基づいた工事の見積書、仕様書などでリノベーションの最終確認をしていただきます。

スケルトン(古い内装を解体した状態)にした時に、初めてわかることもあります。そんな時もプランの調整をしながら、ITシステムで施工の内容や進み具合をいつでも確認できます。

最後の仕上がりを確認していただき、物件をお渡しいたします。お引越し後の、インテリアやグリーンの相談もおまかせください。

「住まいづくり」は竣工で終わりではなく、暮らす中で継続的に続けていく営みだと考えています。そのため、建物のお引き渡し後、半年、1年、2年、5年、専任のカスタマースタッフが定期的に訪問し、大切なお住まいをしっかりとチェックいたします。

We build a long-lasting house with our unique services.

FAQ

リフォームは、比較的小規模な部分的な設備の入れ替えなど『新築時の状態に修復』することを目的としています。リノベーションは、配管や配線などのインフラの更新はもちろん、ライフスタイルに合った住まいを追求し、物件の資産価値の維持並びに付加価値を与えることを目指しています。

もちろんです。まずはご相談ください。リノベーションだけでなく、リフォームや新築の工事も全て対応可能です。ご予算や、将来の暮らし方を踏まえて総合的にご提案いたします。

規模によっても異なりますが、物件探しからリノベーション完了まで半年~1年くらいが目安です。物件の売買契約後、プランのお打合せに1~2ヶ月。工事期間は2~3ヶ月が目安となります。

ワンストップサービスだから、ご予算に合わせてマンションの条件を変えたり、リノベプランを変更したりと調整ができます。ご希望の住まいとリノベプランの資金計画をトータルでご提案いたします。